« イルミネーション | トップページ | ポインセチア »

木のクリスマスの飾り

Dscf0023 この木の飾りは角に置いたろうそくに火をつけるとその熱で空気の流れが出来上についている羽根が回りその下の人形もまわるという仕組みです。クリスマスが近づくと出してきて飾っています。

これは結婚する前に友達と行ったドイツのローテンブルクという街で買った物です。ローテンブルクはロマンチック街道にある中世の宝石箱と称される素敵な街です。この街にあこがれてドイツに行きました。だいぶ前ですが今でもあの興奮は忘れられません。素敵すぎて・・。その街の中に1年中クリスマス商品ばかり扱うショップがありそこで買いました。たくさんありすぎて迷いに迷いお手軽な値段のこれにしました。この街のクリスマスはホントに素敵だと聞きました。絶対今度また行きたい街です。

|

« イルミネーション | トップページ | ポインセチア »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

私も行ったことがあります。
高校時代の友人のお父様は当時フランクフルト勤務。
高校2年終了時の春休みに遊びに行きました。
ロマンティック街道をドライブし、途中ローテンブルグに寄ってくれました。(目的地はノイシュバインシュタイン城)
でもまだ17歳だった私はその街の本当の魅力を体感しなかったと思います。
しかも滞在時間数時間?いや数十分?だったような。
でもおとぎの国のような色合いの建物。
クリスマスのお店。それはしっかり覚えています。

秋田にいると残念ですが、外国が遠いですね。

そして少し前の記事、
りほっちさんがちびちゃんに「数学だけはできて欲しい」という親心。
すご~くよく分かります。
私も英語だけはできて欲しい。
でも語学の習得は長~い道のり。
しかも年齢が小さいうちは親の熱意が反映します。
どこまで鍛えられるかな?

自宅のイルミネーション素敵ですね。

投稿: 彩 | 2006年12月 4日 (月) 21時54分

やっぱり!彩さん行ったことありそうだなあ~と思っていました。
私もノイシュバンシュタイン城にも行きました。
あ~また行きたい!ほんと遠いですね。秋田からって・・。

まだまだちびは数さえわからないときですが、おもちゃで遊びながら2つと1つで3つとか、これは平行四辺形だね~とか言ってしまう自分がいます。逆に算数嫌いにならないよう注意しないとなあと思っています。語学も出来て欲しいところですがやっぱり私にその能力が無いので最近はあきらめがちに・・。でもがんばろうと思います。

投稿: 彩さんへ | 2006年12月 4日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イルミネーション | トップページ | ポインセチア »